日本脳卒中学会研修教育施設を取得

日本脳卒中学会研修教育施設

日本脳卒中学会研修教育施設は下記の6項目をみたすことが求められますが、当院ではすべての条件を満たして大隅半島唯一の認定を受けました

  1. 日本脳卒中学会認定脳卒中指導医が1名以上常勤している施設であること
  2. 日本脳神経外科学会、日本内科学会、日本リハビリテーション医学会、日本医学放射線学会、日本救急医学会いずれかの認定施設であること
  3. 脳卒中に関する教育機能をもつ以下のいずれかの施設であること
    ①特定機能病院もしくは大学病院
    ②脳卒中関連の年間新患入院数が100例以上で、脳卒中診断・治療に必要な諸設備を有し定期的にカンファレンス(症例、CPC、関連診療科のセミナーなど)を行っている病院
  4. 日本脳卒中学会が作成した脳卒中専門医カリキュラムに基づいて研修出来ること
  5. 認定期間は1年とし、1年ごとに更新申請を行う
  6. 各施設の脳卒中施設長は1年毎にWeb上で日本脳卒中学会研修教育施設の年次診療実態調査票の提出を義務とする

鹿児島県内の研修教育施設はこちらから確認できます